DHAやEPAを取ることによってうつ病予防

近年日本で増えているのが精神疾患の人つまりうつ病の人です。うつ病はストレスからくる病気なのですが、これによって体のあらゆる部分に異常がでてくる病気です。さらに体だけでなくもともと精神の病気なので、心の状態にも大きな悪影響を及ぼします。このうつ病はなかなか治しにくい病気とも言われていて、それは心の病であるからだそうです。なのでこのうつ病にならないために予防をしっかりとすることが大切です。

うつ病の予防で何をすればよいのかと思う方もいるでしょう。意外にも食生活を変えることでその予防ができるのです。どう変えればいいのかというと食事の中でDHAやEPAを摂取していくような食事にすればよいのです。

DHAやEPAは効果はお互いに違うのですが、両方とも生活習慣病に対して大きな効果があることで有名です。そんなDHAやEPAがうつ病にどんな関係があるのでしょうか。DHAやEPAは神経に関わる器官に対しても良い効果があると言われ、その神経は精神と結び付きが強いためうつ病予防にも効果的だと言われています。確かに思った通りに体が動かせれるだけでストレスは軽減されますし、素早く動ければなんか調子いいなと思ってしまいます。なのでこの神経と精神は結び付きが強いと思います。

食事を変えるだけでうつ病予防になるので、ぜひ皆さんもDHAとEPAを摂取していってください。

DHAとEPAを多く含む魚の選び方

みなさんは普段から魚料理を食べるでしょうか。魚が好きで毎日食べるという人もいれば、あまり好きではなくほとんど食べないという人もいるでしょう。ですが魚は生活習慣病予防で有名なDHAとEPAを多く含んでいる食材なので、食べないというのは体にとってもったいないです。なのでここではどんな魚がDHAとEPAを含んでいるのかその選び方まで話していこうと思います。

魚の中でも多くDHAやEPAを含んでいる魚は鯖などの青魚です。さらに脂が乗っているマグロなども多く含んでいると言われています。このような魚は有名で、普段の食事にも取り入れやすい食材です。特に魚の目の部分に多く含まれているそうなので、兜焼きなどは摂取するには効率の良い調理法でしょう。

この魚たちを実際に店で選ぶときのコツなのですが、やはりなるべく新鮮なものの方がDHAやEPAを多く含んでいます。そのためには魚の目に注目すればいいのです。なるべく目が澄んでいて黒いものは新鮮なものです。さらに尾まで太っている魚はよりいいでしょう。

こういう魚選びから栄養が多く取れるか決まってくるので、ぜひ参考にして見てください。